マインド、心、思考と健康

脳の仕組みを利用しよう!

シロハ便り第53号 2013年6月

 

脳の仕組みを利用しよう!

 

5月の恒例の旅行。

 

今回は、みーちゃんと一緒に泊れる
ネコOKのお宿を探して行ってきました。

 

『しぶごえ』グループのお宿がネコも泊まれるので
千葉県南房総市の千倉にあるお宿に
一泊してきました。

 

れもんもみーも、ふたりともとてもいい子で
いっぱい甘えて、いっぱい遊んできました。

 

みーは初めての旅行ですが

 

食欲もすごいしトイレもちゃんとしていて
なにも心配なく行って来れました。

 

次は伊豆か箱根にある、しぶごえのお宿に
行きたいと思います(^^♪

 

脳の仕組みを利用しよう!

 

[脳の働き] ブログ村キーワード

 

脳は、物事を考えたり記憶したりするだけのものではなく
物理的な記録媒体だけというわけではありません。

 

脳は、命を司っていて

 

精神世界的なものにも繋がっていると
考えられています。

 

 

不思議な力を発揮したり
エネルギー的なものを発したり

 

脳が作りだす理屈を超えた現象は
様々な宗教や、科学では解明されていない能力として
実に多くの説が太古より語り続けられています。

 

あまり宗教的なことや、エネルギー的なことは
好き嫌いもありますし

 

あまり深入りしたくはない部分ですが

 

理屈はどうであれ
脳に備わっている能力を上手く使って

 

健康になったり人生を豊かにすることに利用していくことは
必要ではないかなと思います。

 

 

脳の仕組みの中でも、一番大きな特徴は
電気信号を出していることです。

 

その電気信号を神経を通じて体の各細胞へ送り
脳の指令を伝達し

 

また細胞を動かす電力を供給することで
体の各器官を正常に動かし続け

 

命を維持させています。

 

 

ここで、不思議なことに、その電気信号には
2つの異なった性質が生れるということです。

 

 

それは、プラスの磁場とマイナスの磁場です。

 

 

電気信号は電気信号なので
やっていることは同じですが

 

その中で、プラスに働く電気信号と
マイナスに働く電気信号に変化する??

 

 

そして、プラスの電気信号を受けて出来た磁場で活動する細胞は
好ましい振る舞いをし、元気で正常な状態を保ち

 

マイナスの電気信号を受けて出来た磁場の中で活動する細胞は
悪い振る舞いに走り
その遺伝子情報に病気の情報があれば
それを発症させてしまうというのです。

 

 

このプラスとマイナスの変化をつけているのが
思考がプラスであるかマイナスであるかです。

 

この説は、細胞学の最高峰の権威の学者が発表しているもので
思考が物理的な変化を起こすということを

 

科学者が認めたということになります。

 

 

しかし、そもそも、その電気はどうやって発電しているのか?とか
その電気がプラスやマイナスの性質をもつ?など

 

色々と不思議な疑問があるので
ここに、エネルギー的な不思議な力(気功とか)や
宗教的な精神世界の話が介入してくる余地が生まれています。

 

 

科学では解明できていない、説明のつかないことが
脳には多いです。

 

 

もし、脳細胞に記憶が全て記録されるのだとしたら
時間的に1〜2年分くらいの記憶しか記録できないそうで

 

脳はただのプロジェクターであり

 

記憶などのデーターはどこか別の場所に貯蔵されているのではないか
という説はとても説得力があり

 

その貯蔵場所が物質である肉体の中ではなく
精神世界の中とか魂とかの話になってくるわけです。

 

 

そして、思ったことや言葉に出したこと(言霊)などが
精神世界の中の自分に影響を与え

 

悪いマイナスの思考や言霊を発すれば

 

物質世界よりも変化の早い精神世界での自分がそのように変化し
そこから遅れて物質世界の自分へその変化が投影されてくると
考えられているのです。

 

 

だから、悪いマイナスの思考や言葉は

 

精神世界から現実の物質世界へ
マイナスのエネルギーとして

 

素直に投影されるように送られてきます。

 

 

パラレルワールドといって、現実の今の自分と同時に
別の世界に自分がいくつも存在していて

 

一番変化の遅いのが物質世界で

 

精神世界や魂などの世界は物質という媒体がないので
思ったことやイメージしたことが実現化するのが早いそうです。

 

 

物質世界では、思考したことが実現化するまでに
時間的な余裕があるともいえるので

 

悪いイメージや思考や言葉を発しても
実現化する前に、もっと良い方へ修正することが可能だとも
言えるわけです。

 

 

その、もっと良い方へ修正していくことが出来る
時間的余裕が与えられていることが

 

とってもありがたいことで

 

健康も人生も、もっと良い方へ変えていくことが
出来るはずなんです。

 

 

そのためにやるべきこと、その方法をご紹介したいと思います。

 

今回ご紹介する本に、丁寧に書いてありましたが

 

パラレルワールドに存在する、別の精神的存在としての自分を
先に好ましい方へ変えていき

 

そこから脳というプロジェクターを通して、現実世界へ
好ましい状態を投影させていくための

 

もっとも基本的で大事な方法です。

 

それは・・・・・興味のある人だけ、↓こちらを買って読んでみてくださいね。

 

 

今月のおすすめ本

 

ということで、今月ご紹介する本は
お馴染み齋藤一人さんの本で

 

一人さんの本はよく読むんですが

 

この本は私がビジネスを教えてもらっている先生から
「この本読むのノルマな!」と言われて読みました。

 

成功する人は、大事な部分はよくわかっているんだなあと
改めて強く思いました。

 

脳の仕組みを利用しよう!

 

 

題名 「斉藤一人の絶対成功する千回の法則」
著者 斉藤一人
発行元 講談社
価格 1,575 円

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

れもんちゃんとみーちゃんを連れての旅行♪
楽しかったです。

 

でも、一番よかったのは、やはり食べ歩きの旅で
おいしいもの三昧の旅でした。

 

まず、初日の朝は、5 時に家を出て築地に行き
おなじみ「栄寿司」で大将おまかせの最高のお寿司を食べ

 

そこからアクアライン経由で館山道へ入り
館山にあるフレンチレストランへ・・

 

お昼はフレンチのコース料理を堪能し
お宿の千倉へ向いました。

 

 

栄寿司は、もう最高なので、僕たち家族には鉄板のお店です。

 

お昼のフレンチがどんな感じかと思っていたんですが

 

これがまた、普通の山の中の民家みたいなレストランでしたが
かなり本格的なフレンチで

 

庭にスモーク小屋があり、新鮮な食材を自家燻製にして出してくれます。

 

鯛のスモーク刺身!絶品でした☆彡 これです↓

 

脳の仕組みを利用しよう!
レストラン大澤
千葉県館山市神余4359-56
TEL 0470-28-1035

 

 

お宿は小さな古いペンションで
お風呂も部屋も決して良いものではありませんでしたが

 

食事はおいしかったです。

 

みーも初めて海を見て、キャッキャとはしゃいでいました。
沢ガニさんともご対面して追いかけたし^^;

 

以下ちょっとだけ写真を☆彡

 

脳の仕組みを利用しよう!

 

脳の仕組みを利用しよう!

 

脳の仕組みを利用しよう!
しぶごえ千倉 外観です。

 

 

ランキングに参加しております。

 

この記事がお役にたてましたら、応援クリックいただけると
うれしいです(^-^)

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ← こちらです♪

脳の仕組みを利用しよう!関連ページ

「ありがとう」の言葉の力
「ありがとう」の言葉の力は、健康な体をもたらすのにとても影響があります。
引き寄せの法則
引き寄せの法則を体験しました。
情報の評価について
ストレスが強く、身の回りの問題を多く抱えている人は、情報の評価をしてみると、物事が良い方向へ動くかもしれません。
Good weather, Good road.
体の状態をよくするために大切な、マインドや心・思考のあり方について。
95%vs5%の戦い
体の状態をよくするために大切な、マインドや心・思考のあり方について。
掃除から学ぶこと
体の状態をよくするために大切な、マインドや心・思考のあり方について。
愛・感謝・平和
体の状態をよくするために大切な、マインドや心・思考のあり方について。
出来ごとに対する自分の立ち位置
体の状態をよくするために大切な、マインドや心・思考のあり方について。
地震が起こったら
体の状態をよくするために大切な、マインドや心・思考のあり方について。
縦の流れと横の流れ
体の状態をよくするために大切な、マインドや心・思考のあり方について。
相違を楽しむ
体の状態をよくするために大切な、マインドや心・思考のあり方について。
超強力! フラシーボ効果
病は気から。。考え方や思考により、病状や症状は驚く程変化していきます。
運と笑顔と覚悟
運がいいとはどういうことなのか 成功者のやっていることとその覚悟について
ピンピン、コロリがいいね!
病気と医療と理想の人生の終わり方。
ソルフェジオ周波数
ヒーリングや癒しで流行りのソルフェジオ周波数について
昭和の頑固おやじ
脳と体は、昭和の頑固おやじのような職人気質で体を回復させていきます。
やる気がない人と、ありすぎる人
身体を回復させるために活動量を減らす仕組みが脳にはあります。
ちゃんとボーっとしよう!
ボーっとする時間がいかに大切か、それとちゃんとしたボーっとするやり方をご紹介します。
ドーパミンVS脳幹
現代人の脳においてのドーパミンの働きについて
収支が合わない
体にかかる負担と回復力の収支が合わなければ回復はしない。